へやがのだめのブログ

転職後の配属先が自分ひとりの職場でした。右も左も分からない土地で、孤独だけどそこそこ楽しい生活が始まりました。

MacBookAirにしてから2週間が経ちました。

おはようございます、のだめです。

 

5月の中旬にパソコンを、WindowsからMacに変えました。

 

まだMacほぼ初心者の状態ですが、ブログやネットでの調べ物を、iPhoneiPadでは無く、MacBookを使ってやっているうちに、少しずつ操作に慣れてきました。

 

仕事で使っているofficeファイルが微妙にずれたりの影響は出ましたが、実際仕事に直で影響するような仕事らしい仕事を今やっていないので、特に問題は出ていないです。

 

一応、事務所にはWindowsのパソコンもあるので、MacBookでどうしても出来ないことがあった場合には、Windowsでやればいいかなーくらいの気持ちでいます。

 

WindowsからMacBookにする際に、私はものすごく悩みました。

今までずっとWindowsで使ってきたので、それをMacBookにしたら、色々覚えることがたくさんあって面倒なんじゃないか、とか思う人がいるかもしれません。

 

一番の問題は、仕事で使う書類ファイルがうまく使えなかったら嫌だな、という点でしたが、その点に関しては、やはりというか若干うまく表示されないファイルがあったので、MacBookで新しく書類の原型を作り直したりとかしたものもありますが、それ以上にMacにして良かった、と思えることがありました。

 

同期、です。

 

普段、私はiPhoneiPadを持っているのですが、MacBookを買って、全てを同期させることで、今まで掛かっていた余計な作業を大幅に削減することができました。

 

iPhoneで撮った写真は自動的にiPadMacBookに同期され、画像の転送処理をしなくてもMacBookで自動的に見ることも使う事も出来ます。

 

電車に乗ってる時は、隙間時間にiPadで通信教育のテキストを開いて勉強していますが、iPadを持つのだるいなーと思ったら、iPhoneを開くと、同じく同期でiPadで開いていたテキストの続きから読むことが出来ます。

 

MacBookで調べ物をして外出した時に、iPhoneを開いた時に、「あれ、さっき調べてた画面どれだっけなー?」となった時に、瞬時にiPhoneでも開くことが出来ます。

 

MacBook用のアプリなんかは正直どれが良いのかあまり分かっていないので、新しくインストールとかしていないので、もしかしたら、今以上にもっとスムーズに作業が効率的に出来るようになるのかもしれませんが、今のところ、『同期』がこれほど素敵なものだとは思いませんでした。

 

iPhoneiPadMacBookの3つの端末を同期出来ることだけでも、買った価値はあったと思います。

 

パソコンを買おうかどうか迷っているときに、家電量販店の店員さんが、

 

iPhoneiPadをすでに持っているなら、同期させることが目的でMacBookを買うのは『アリ』だと思いますよ」とアドバイスしてくれました。

 

まさに今、その恩恵を実際に感じています。

 

いや、使いこなせてないので、それ以外の恩恵にはまだ授かれていない、といった方が良いのかもしれませんが。

 

キーボードの下についてるパッド部分を指で色々操作することで、マウスと同じような処理が出来るのがいまいちまだ慣れないのと、

 

文字を打ち込んでいる時に、自動的に文字が予測変換されて行くのですが、これがWindowsの時とは違ってちょっとおかしい変換になることが結構あるので、これはなんとかしたいなぁとは思います。

 

それ以外では、買って損した!と思うことは今のところありません。

 

今はまだ、ようやく操作に慣れてきたかも、、、という段階なので、これから少しずつ自分の使い勝手に合うようなカスタマイズが出来ればいいな、と思っています。

 

それでは、今日も一日頑張りましょう。のだめでした。