へやがのだめのブログ

転職後の配属先が自分ひとりの職場でした。右も左も分からない土地で、孤独だけどそこそこ楽しい生活が始まりました。

MENU

20年ぶりの再会。

 昨日、よく分からず急に呼び出されて大阪に向かう途中、懐かしいKから電話がきた。

 

毎年年賀状を送ってくれる律儀なK。

Kとは今から20年ほど前の予備校時代に知り合った友人だ。

どういう経緯で仲良くなっていったのかは今だに不明ではあるのだけれど、Kの実家に遊びに行くようになるくらいほぼ予備校生時代は一緒につるんでいた。

 

Kは一浪して大学に合格し、4年で無事大学を卒業し、確かアパレル系の仕事に就いていたと思う。

Kが大学生の頃に知り合った高校生の彼女、まだ16歳だったかな。当時知らされたときは、「ちょ、お前まだ高校になったばかりの子に手をつけるなんて、、、ロリコンかよ」とか仲間内で囃し立てたりしたものだ。

 

結局相手が高校を卒業するのを待って、卒業と同時に結婚したはずだ。

結婚の知らせを聞いたとき、お互い職場が離れていたこともあり、電話でのやり取りになっていて、1年に1回は連絡が来るかなーくらいの交流になっていった。

 

だけど、毎年律儀に年賀状を送ってくるので、Kに子供が出来たとか、Kの子供の成長を毎年送られてくる年賀状を通して知らされるので、毎年の年賀状が一つの楽しみでもあった。

 

昨日連絡が来たときも、日頃連絡を取っていないにも関わらず、あまり久しぶり感がなかったりもした。

 

僕らが予備校生時代、仲間内でのファッションは「キレイ目系」を少し着崩したような、ファッションと、「HIPHOP系」の着こなしが流行っていて、Kはキレイ目系、私はHIPHOP系のファッションだった。

 

お互い着こなしが全く違うが、お互いムキムキのマッチョ体系だった。

Kは筋肉バキバキに割れていて、敢えて魅せるような感じ。

私は、キレイ目系の服は体がデカすぎて入らないので、HIPHOP系のいわゆるダボダボな感じで髪の毛はロン毛のオレンジ色と、今、街中で歩いていたら確実に目を合わせたくない人たちの部類に入ると思う。

 

そんな二人を含めて10人くらいの集団でいつも柏駅近辺で遊んでいた。遊び疲れたらお互い予備校に行って勉強する、と行った感じだった。

 

そんな見た目からも交わりそうにない二人なんだけど、ウマが合う、というのが一番分かりやすいのだけれど、一緒にいて疲れないし、気疲れもしないので、何かとつるんでいた。

 

年明けに入院したときも、前の職場の同僚からではなく、Kから真っ先に連絡が来た。

 

そんなこともあって、Kとは縁があるんだろうなぁ。昨日出張中の新幹線の中で電話が来たときも、あまりの懐かしさに小一時間話し込んでしまった。

 

人って、20年も経つと見た目も全然変わってることが多いのだけれど、Kも

「ここ5年で25kgも太っちゃってさ〜やばいよ」

 

と言ってたが、今の自分にはKの姿は20年前のものしかないので、全然想像ができないが、多分会ったら、お互い笑い合いながら話ができるんじゃないかと思っている。

 

来週、31日に20年ぶりの再会だ。

 

シーサーから急な呼び出しさえなければ、無事会える。

ホント、楽しみです。