へやがのだめのブログ

転職後の配属先が自分ひとりの職場でした。右も左も分からない土地で、孤独だけどそこそこ楽しい生活が始まりました。

MENU

iPadとApple Pencilを60日使ってみて思ったこと。

おはようございます、のだめです。

 

3月下旬に新型iPadが発売されたころ、ちょうど私はタブレット1台欲しいなぁ、買いたいなぁと思っていました。

そして、買いたいなぁという思いと、新型iPadの発売が重なり、上手い具合にタイミングが重なり、4月10日にiPadを買いました。

 

そして、新型iPadと合わせて、Apple Pencilも購入しました。

 

私は資格の勉強でいつも某通信教育のテキスト5冊と問題集4冊、法令書5冊と資格関係の本をごっそりと持ち歩いて過ごしていました。

テキストだけでカバンがパンパンになっていました。

 

資格の講義も受けていたのですが、仕事で使っていたパソコンで使うと、フリーズすることが多々あったため、ポータブルDVDを使っていました。

 

そういう環境だったため、とりあえずテキストを持ち歩くととっても重く、疲れます。

 

iPhoneで講義やデジタルテキストを見られるのですが、iPhoneの画面だと小さな文字が見えづらくて、読むだけで疲れてしまうのと、バッテリーがすぐ無くなってしまうという状態だったので、iPhoneの使用はなるべくしないようにしていました。

 

そんな状況を改善したかったので、iPadが発売されたときに、これはいいと思い、購入を決めたのでした。

 

iPadを購入したことで、重いテキストの持ち運びが無くなり、DVD講義もiPadで視聴出来るようになったため、格段に勉強するための環境が整いました。

 

ですので、思い切ってiPadを買ったけれど、この購入は正解だったと思っています。

 

勉強は毎日しているので、講義やテキストもiPadがあれば問題なく使えます。

iPhoneだと見えづらい文字もタブレットになると文字もそれなりに大きくなるので、見えづらいということもなく、使い勝手はとてもいいです。

 

ですが、今のところ、iPadで使う用途は、

  • 資格勉強のためのテキスト閲覧と、
  • 講義視聴が主で、電子書籍用としての利用がメインで
  • 細切れ時間に、Huluの動画視聴に使うくらい

となっていて、iPadを使ってゲームもしませんし、仕事用の文書作成なんかはMacBook Airを使ってしまうので、別段iPadじゃないとダメということがなく、電子書籍としての使用なら、もう少し別の安価なものでも良かったかな、とも思うこともあります。

 

ただ、外出時などで、MacBookはカバンの中に入れている状態で、仕事用のメールが入ってきたときに、すぐに返信したりするのには、iPadの大きさがベストです。

 

この点、iPhoneiPadMacBookを全て同期させている状態だと、まずiPhoneでメールに気が付いて、簡単な返事はiPadで返せますし、しっかりとした返答などについてはMacBookで作り直して、と段階を踏んで対応が出来るという点で、

 

Apple製品同士での「同期」が出来るというのはとても良いメリットだと思います。

 

なので、現在は電子書籍での使用がメインとなっていますが、iPadの購入に関しては、正解だったと思います。

 

次に、iPadと合わせて購入したのが、Apple Pencilですが、これは私には正直必要のないものだったな、と思いました。

 

そもそもApple Pencilを購入した時の動機が、「スタイリッシュだから」という結構不純な理由。

 

新しくタブレットを買ったんだし、どうせならタッチペンも買っちゃおうかな。

タッチペン買うなら市販品じゃなくて、やっぱり純正の方がスタイリッシュでしょ。

という、Apple Pencilを使って、こんなことがしたい、あんなことがしたい、という理由もなく買ってしまいました。

 

私は仕事でイラストやデザインなどの絵は書きませんし、プライベートでもそんな趣味はありません。

 

唯一、Apple Pencilを買って役に立ったのは、電話がかかってきたときに、たまたま手帳を持ち合わせていなくて、慌ててiPadのメモに殴り書きが出来たことくらいです。

 

しかも、その件以来、手帳はすぐに取り出せるようにいつもポケットに入れているので、今後緊急でメモを取るとなったら、ボールペンを忘れてしまったときだけになりそうです。

 

たまに喫茶店でまったりしているときに、頭の中で考えていることを整理するときに、浮かんだことをまとめたりするのに、メモを取っていることを思い出しました。

 

この時は、Apple Pencilを使っているので、一応使っていますね。

 

ですが、さしあたって、無くてはならないアイテムとは言えないので、無かったら無いで別に困らないアイテムとも言えそうです。

 

上記のことをまとめると

 

iPadは、人を選ばず、日々行うことを効率的にしてくれるアイテム

Apple Pencilは、人を選びます。本当に必要な人が使うと力を発揮するアイテム

 

と言えるのではないでしょうか。

 

少なくとも、持っているとスタイリッシュだから、というのは買う根拠としてはとても弱い、ということになると思います。

 

iPadのおかげで、無駄に重たいものを持ち歩かなくて良くなったので、仕事やプライベートのどちらでも持ち物が格段に減りましたし、段階を踏んでいた作業が一気に短縮されて自分でも楽だ、と良い点を実感出来ています。

 

タブレットを買おうか迷っている人は、iPhoneMacBookをすでに持っているのなら持っていて損はしないと思います。

 

自分のようにあまり電子機器に強くないおじさんでも、メリットをしっかりと実感出来ています。

 

Apple Pencilを買うか迷っている方は、それを使ってどんなことがしたいのか、ということを一度考えてから購入することをお勧めします。

 

ということで、今日はiPadApple Pencilを買って使ってみた感想でした。

 

それでは今日も素敵な一日になりますように、のだめでした。