へやがのだめのブログ

転職後の配属先が自分ひとりの職場でした。右も左も分からない土地で、孤独だけどそこそこ楽しい生活が始まりました。

MENU

今更だけどAirPodsレビュー「太った人汗っかきが使うとこんなデメリットが」

おはようございます、のだめです。

自分から自分へのご褒美

ちょうどひと月前に誕生日のお祝いとしてAirPodsを買いました。えぇ、自分から自分へのプレゼントです。

f:id:heyaganodame:20181010154657j:plain

欲しいなあ買いたいなあとは思っていたものの、だけど買うほどのものか?とも思っていたこともありずるずると買わないでいたのですが。結局買いました。

 

iPhoneApple Watchを持ってるならAirPodsは必須アイテム!とかの謳い文句に乗せられた感があるのですが、実際に使ってみると結構便利なことも分かってきました。

 

使ってみて感じたこと

1.落ちそうで落ちないフィット感

AirPodsを使う前は、サイズが1式しかないので、果たして自分の耳に合うのだろうかということが不安でした。ビックカメラで試着?が出来るというので試したところ、しっかりと耳にはまっている感じはあまりなく、耳に引っかかっているという感じ。

 

首を振っても外れないところをみると、とりあえずは固定されているようです。

一番のネックは外れるんじゃないかってことなのですが、今のところはつけている状態から外れることはないので問題はなさそうですが、しっくりとはまっている感じがしないのでときどき不安になり指でツンツンと奥に押し当てています。

 

2.通話性能

何度かAirPodsをつけているときに着信があってそのまま通話をする機会がありました。AirPodsが口元に全然届いていないのにも関わらず、しっかりと音を拾ってくれているので問題はなさそうです。

相手にも今AirPodsつけて話してるんだけど、違和感ある?と聞いてみましたが、「え?そうなの?わからなかった」と言われたので、通常の通話とあまり変わらない使用感のようです。

 

最初は自分の声が相手に届かないんじゃないかと不安で結構強めに話していたのですが、相手から声大きいよと言われたので、普通に目の前の人に話すくらいの大きさで話す感じでちょうど良さそうです。なので、通話性能に関しては問題なく使用出来ています。

 

3.AirPodsのタップ機能が便利

AirPods装着時に本体をツンツンと軽く2回叩くとSiriが起動したり、着信を受けたり出来るのが意外と便利です。

 

iPhoneに着信があるとApple Watchの画面に着信相手が表示されます。そのまま着信を受けるときは、右耳の本体を2回軽くタップすることでそのまま通話が可能になりました。とっても便利です。

 

電話に出れない状態の時や勧誘電話などで出たくないときはApple Watchの液晶を手で覆うと自動的に通話終了になるのでこれまた便利。

 

Apple WatchAirPodsの組み合わせがイイ!というのはこのことか!と身を以て知った次第です。

 

iPhoneで天気予報を見たり、ちょっとしたことを調べたいと思ったことは左耳の本体をタップしてSiriを起動させ、話しかければ答えてくれます。これも便利です。

 

4.遮音性はほぼゼロ

私だけかもしれませんが、普通のイヤホンとは違ってAirPodsは耳に装着するというよりも耳に引っ掛かっている状態なので、外の音は遮断出来ません。なので外の音はばりばり聞こえます。

 

そのため、がっつりと音楽に浸りたい人には不満なのかなぁと。

 

私はよくウォーキングしながら装着することが多いので、音を完全に遮断してしまうと車の音などが聞こえず逆に怖いこともあり、外の音が聞こえている感じというのは意外に気になりません。

 

そして、唯一のデメリット且つ不満点は以下になります。

5.本体から取り出すときに取り出せない

写真を見ても分かる通り、AirPodsはつるっつるのまるまるのデザインです。本体収納時は、このツルッツルの丸い部分を引っこ抜いて取り出すわけなんですが、取り出せないことがかなり多いです。

 

というのも、もともと私自身が結構な汗っかきでウォーキングが終わって本体にしまうときに汗をかいた手でつまんで本体に戻すため、次に取り出す際に脂汗が付着してつるつるして取り出せないんです。

 

覚えているときは本体収納後にティッシュなどで軽く表面を拭き取るのですが、忘れることもあり、その際はなかなか本体から取り出せず、もやもやすることが多々あります。

 

駅のホームで悪戦苦闘することも結構あり、これは結構恥ずかしいです。

 

こまめに表面を拭き取るなどしていれば気にならないのですが、忘れてしまうんですよねえ。。。

 

なので、これは太っている人もしくは汗っかきの人がAirPodsを装着脱着時に起きうるデメリットかもしれません。

 

使用後はこまめに表面を拭いたりする必要があることを考えると、ちょっと面倒かもしれません。

 

6.おまけ的な AirPodsApple Watchの組み合わせで

Apple WatchAirPodsの連携がようやく慣れてきた段階で、使いこなすには至っておりませんし、Apple Watchに関してはアプリなどもほとんどまだ入れていないので主に健康ツールとしてでしか使用出来ていないのですが、明らかに変わったことがありました。

 

iPhone本体を見る時間が明らかに減りました。これは間違いありません。

 

ちょっとした調べ物も通話もiPhoneを使わずに出来るのは本当に便利です。

3つを連携させて使っている時のバッテリーの減り具合が激しいのが気になりますが、原因がAirPodsApple Watchにあるのかはわかりません。 

 

Apple製品のイイところって、製品単体でも結構イイと思う点はあるのですが、それ以上に製品と製品の組み合わせによって快適さが一気に上がる点にあると思います。

 

買うべきか悩んだAirPodsですが、不満点はあるものの買ってよかったなぁと思います。毎日少しずつではありますが、便利だなぁと感じることが増えてきたのがちょっと嬉しかったりします。

 

それでは、今日も素敵な1日になりますように、のだめでした。